2010年03月11日

ひぐらしとCLANNADとジョジョの奇妙な共通点

最近、
「ひぐらしのなく頃に」

ひぐらしのなく頃に 第1巻 初回限定版 [DVD]

ひぐらしのなく頃に 第1巻 初回限定版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD





「CLANNAD(クラナド)」

CLANNAD 1 (初回限定版) [DVD]

CLANNAD 1 (初回限定版) [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD




「ジョジョの奇妙な冒険」

スティール・ボール・ラン (1) ジャンプコミックス

スティール・ボール・ラン (1) ジャンプコミックス

  • 作者: 荒木 飛呂彦
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2004/05/20
  • メディア: コミック





の三作品を見ていて、これらの共通点を見つけました。

全て量子力学(超ひも理論など)で登場するエヴェレットの多世界解釈。
つまり「並行世界」の話が話の中心舞台となっています。

「ひぐらしのなく頃に」は、最初からパラレルワールドが舞台で、
「CLANNAD」も、超ひも理論(超弦理論)の世界観が舞台です。
「ジョジョの奇妙な冒険」は、6部でのラスボス(プッチ神父)が、スタンド能力で時を加速させて、パラレルワールドへと導き、7部(SBR)では、完全にその世界観が舞台になりました。
作者の荒木さん自身も、この展開やスタンド能力を量子力学の世界観で説明していました。

「ひぐらしの鳴く頃に」(07th Expansion作品)の原作者の竜騎士07さんは、
「CLANNAD」「AIR」「kanon」などの総称である「Key作品」の原作者の麻枝准(まえだじゅん)さんの作品の影響を多く受けていたと語っていました。


実はKEYのエッセンスが…(苦笑)07th Expansion. 2008-08-10 閲覧↓
http://naderika.com/Cgi/log_cbbs/logcbbs.cgi?mode=red2&namber=399&no=1

面白いのは、
何年も発売を延期し続けてやっと「CLANNAD」が待ちに待って発売したのが2004年5月頃。
「ひぐらしのなく頃に」が2002年以降、人気が急上昇したのも、ぴったり同時期の2004年5月頃だという不思議な偶然です。

2004年5月頃は、イラク戦争云々で日本もテロで危ない的な雰囲気があり、そのような背景で某掲示板スレで人間の死体のグロ画像を頻繁に貼られていた記憶があります。

そのような、
嗜虐的(しぎゃくてき:虐殺的・破滅的なものを好むこと)なものを求めるのと同時に、反対に、
博愛的(はくあいてき:すべての人を等しく愛すること)なものを求めていたのかもれません。

まさに、「ひぐらしがなく頃に」と「CLANNAD」はそれを表裏一体として投影しているような気がしています。

竜騎士07さんが、影響を受けてひぐらしに入り込んだ世界観とは、おそらく2002年以前のKey作品。
つまり「Air」や「kanon」のことだと思います。

Airでは日本風の前世思想を含む輪廻転生、kanonでは輪廻転生や奇蹟の世界観が中心でした。

そもそも、このシナリオライター兼、作曲家の麻枝准さんは、カトリック系の中高一貫学校である三重県の海星高校卒業し、中京大学の心理学部を卒業しているので、キリスト教的な世界観(特に福音書の奇蹟などの、ファンダメンタリズム)には慣れ親しんだ教養があると思われます。

そして何より、「ジョジョの奇妙な冒険」の作者の荒木飛呂彦さんが、2003年までに6部で、時を加速させて並行世界へ物語を突入させ、今連載中の7部を連載し始めたのも、2004年でした。

その7部の世界では自然の黄金比(1:1.618)の回転にスタンド(幽波紋=守護霊)と同じような奇跡のパワーを見出して戦っていますが、

このようなものが神学(=数学の一貫性に神を見出す。よってプッチ神父は素数が好きだった。神学者=数学者。)で、
だからアメリカ大統領からイエスの遺体を奪い返す話(テオロジーからデモクラシーを起こす)なのだ。

・・と理解できる人は日本の読者には少ないです。

知識なのか、感覚的になのかは分かりませんが神学を体現していらっしゃいます。
キャラクターデザインにおいてミケランジェロの彫刻をモチーフにしていますが(だから筋肉が隆々しい)、この彫刻の図形こそが古代の初期の神学(数学)に通じてくるものなのです。

理系・文系という分け方は間違っている!(1)〜(6)
〜神学 vs 学問 の分け方が正しい国際基準〜
http://rextuseferu.seesaa.net/article/142022140.html
http://rextuseferu.seesaa.net/article/142151272.html
http://rextuseferu.seesaa.net/article/142426379.html
http://rextuseferu.seesaa.net/article/142849282.html
http://rextuseferu.seesaa.net/article/142932468.html
http://rextuseferu.seesaa.net/article/142945514.html

本人は知ってか知らずか分かりませんが、おそろしいスタンド能力だと思いますw



人気ブログランキングへ ←ポチッと押すとこのブログが推薦されます。押してくれると嬉しいな!

|edit re
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google+
ブログパーツ